本日 68 人 - 昨日 80 人 - 累計 150534 人
コロナ禍でいろんなことが見直されてきています。

そこで~
改めて今の時代のお参りの仕方を
考えてみました。

1人でのお参りなら問題ありませんが
大勢だと~
やっぱりの1番の密は
蝋燭立てや線香立ての周りですよね

慣れない作業ですから
中々火がつかなかったり
時間がかかる
どうしても、密になりやすい。

そこで
蝋燭と線香は、
お参りには必ず必要な物なのか?
考えてみました

もちろん暗闇に灯りは大切だし
お香は仏様の食べ物だと言われています。
心を込めて仏様に捧げるという行為は
日本仏教の教えだし、
大切な伝統文化です。

ですがそれを大事にして
密になるからお参りをしないのか?
静かに心を込めて祈るだけではいけないのか?

基本
本尊様の所にはお灯りがあがっています
もうお賽銭だけでもでよいのではないでしょうか?

代表で先達があげるのも良いかな?とも思います。

ですが~
最近は化学物質過敏症や香料アレルギーの方も増えてきました。

昔ながらの無香料、無着色の
素朴な杉の葉線香はとても少ない。

綺麗な色の〇〇の香りとか
煙の出ない線香などなど~

たとえアレルギーが無くても
化学物質は
極力吸い込まないに越したことはありません

沢山の
便利なものや
綺麗なものが
世の中に出来て
喜び浮かれていた間に
大事なものが見失われてきた
そんな気がしてなりません

今、何が必要で、何が要らないのか
今、何が大切で、どうしたらよいのか
迷いながら、戸惑いながら、間違えながら
それでも
1人1人が、静かに考え、変わることが、
大切と思う、今日この頃です

一旦、大切だと思われるものを
手放してみてはいかがでしょうか?

| 17:03 | 未分類 | コメント(0)

彼岸の入り

2021年03月17日
今日は彼岸の入りです
春の日差しの中に
桜もほころび始め
菜の花も黄色く輝き
蜜蜂も飛び始めました
外に出てみたい!
きっと誰もがそう感じるような温かい日差し
です
ニュースが
いくらコロナ禍ですよーって言っても
ムズムズ ムズムズ
自然の中で静かに歩いたっていいでしょ!
って思っちゃいますよね
生き物が動き出す春!
理屈通りにいかないワタシという生き物


私も墓参りに行ってきました
1人で黙々と草取りをしながら
母と来た幼い日を思い出し
母の好きな鉄砲百合の花を活けながら
母の好きだった花を知ってる人は
もう私しかいないなぁ
なーんて思ったりして。

生真面目な日本人は理屈を大切にするけれど
四季の美しい国に生きて情感豊かな日本人でもあり
そんな理と情のバランスのとれた生き方が
美しい
と思うのです。

陰陽のバランスの取れた生き方を大切にしてきた日本人
コロナ禍で、
難しい顔をしながらステイホームを叫ぶ人の苦しさを思い
今日から1週間。
春のお彼岸に自然と親しみ、
今は亡き人と、静かに想いをかわして
ありがとう
動き出す心と体のバランスをとるのも
イガイと上手な過ごし方ではないか
と思ったりしています。
| 13:16 | 未分類 | コメント(0)